‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

デメリットだと思う点

2014/06/21

生命保険に加入をしていないと万が一の時に備え不安を軽減できるようにしておきたいという思いから皆保険に加入し、今からお金を払ってでも貯えをすることを決めて行動していきます。

 
そして、保険会社も保険金を運用するために様々な保障を作り商品を考えます。
中でも収入保障保険は、大変魅力があり加入したいという思いがありますが、メリットがあってデメリットもあるのです。
収入保障保険とは、保険金を一括でうけとるのではなく年金として受け取る保険なのです。
更に年齢とともに保障が逓減していく保険になるのです。

 
定期保険の場合は、3,000万円の保障に加入していたのならば一括で全額が給付されますが、収入保障保険の場合には35歳から60歳までかけたのなら3,000万円が月々10万円ずつ支払われ25年間貰い続けることはできますが、45歳ならば15年間で1,800万円、55歳からもらうのならば5年間で600万円と逓減していくのです。

 
そして、何よりも保険金全額が一回で受け取れないというのは大きな住宅ローン支払いが残っていたりした場合に手をつけられないお金になってしまいますし、身動きがとれなくなってしまうので生活が返って苦しくなってしまうこともあるのです。

海01

メリットだと思う点

2014/06/21

収入保障保険のメリットは、割安な割に、手厚い保障があることにあります。万一の時に使えるものでなければなりませんが、その役割を十分にこなしてくれます。その割には割安で、雇用や経済状況が不安定な現代社会ではとても使える保険だと言えるでしょう。

 

 

病気や怪我などで急に収入が減ってしまったら、人生設計も立てにくいものです。さらには、災害や失業などもあり、人生設計は非常に立てにくくなっているのです。その点、この保険に入っておけば、このような事態になっても問題がないので、安心して生活を送れるようになります。

 

 

特に大学生の子供がいるような場合には、多額のお金が必要となりますから、必ず入っておくと良いでしょう。また、住宅ローンなどを抱えている人にも有効な保険です。万一、借金を返済できなくなってしまって、家や土地も失ってしまったら、大損になってしまうからです。買った時は高かったとしても、売る時はかなり安くなってしまっている場合もありますし、手数料も多額に取られますから、不動産売買は地価などが上がった時以外はあまりしない方がいいのです。

 

沖縄01

何よりも安心して人生設計を立てられるようにしてくれるものですから、多少高くても入会しておくと良いでしょう。

ランニングコストを踏まえた加入目的

2014/06/21

家計が苦しくなると削減項目に挙がるのが保険です。

 
しかし、その見直しの方法によってはいざという時に保障が足りないというケースも出てきます。
これとは逆に高額の保障で掛け金が圧迫して預貯金の備えができなくなるということも避けたいところです。
保険の加入で大切なことは目的です。
何のために入るのか、生命保険ひとつとっても、将来の子どもの教育費に備えるのか、それとも生活費の補填に重点を置くのか、万一の保障でみても、家族それぞれに重点をおきたい点が変わってきます。

 
また、専業主婦と共働きでも保障額の算出は異なり、子どもの人数によっても変化します。
保険を検討する際は主たる目的を明確にし、将来の家計の変化まで考えることが大切です。
そうした必要な保障額と先々の保険料の負担を考慮した点がランニングコストになり、必要と考える時期まで入り続けることが肝要です。
加えて保険の傾向として、ネット生保の登場や収入保障保険・逓減定期保険などの商品も含めて選択肢も増えています。
そうした選択肢が増える中でこそ、自分に合った保険選びが重要性を帯びてきます。

沖縄02
保険はいつでも入れるものでもなく、病気などを抱えれば選択肢も狭まります。
タイミングも大事であり、優先順位を決めて必要な保障を備えたいところです。

標準体料率の考え方

2014/06/21

収入保障保険や定期保険を選ぶ時、ポイントとしてみておきたいのが保険料が安くなるリスク区分です。

 
保険料の算定の元になるのは標準体料率です。

 
これを基準に身長・体重・血圧などの一定の基準を満たせば、優良体料率で審査を受けることができ保険料が安くなります。
また、これに喫煙をしないタイプではさらに割安な保険に加入することができます。
つまり、健康状態が標準か優良か、またタバコを吸う吸わないの4つのリスク区分で分けられるのです。
一番割安になるのはタバコを吸わず、優良体と認定されるケースです。

沖縄01
自動車保険にもリスク細分型と保障の仕組みがありますが、これと似た考えで生命保険にも健康状態で保険料が変わるのです。
特に定期保険はシンプルな保障で構成されていますので、同額の保障額で比較して、かつリスク区分での保険料率の差を活用して加入すれば保険料を抑えることができます。

 
加えて健康状態でリスク区分型をみれば、年齢による差もチェックしておきたいところです。
年齢が上がれば、疾病に罹るリスクも高まるので、保険料も上がります。
生命保険にも加入年齢により適齢期もありますが、同じ保障額でも若い年齢の方が割引率も高いので、この年齢による差も見逃せないポイントです。

逓減タイプの特徴

2014/06/21

逓減タイプの保険の特徴は、保障額が一定の保険と異なり、保険期間の経過とともに保障額が減少するところにあります。

雲01
保障額が減少していく仕組み上、保障額が一定の保険と比較して割安になっている点がメリットになります。

 
また、この保険はライフステージに合わせて活用することができる点が、商品のウリとなっています。
例えば、まず一家の大黒柱が健在の場合、保険料は掛け捨てとなります。この時は掛け捨てとなる保険料は少ないほうが良いですので、このタイプの保険であれば家計への負担が少なく日々の生活に余裕が生まれることになります。

 
逆に、一家の大黒柱に不幸があった場合は、保険金が遺族を支える重要な資金となりますが、ライフステージによって必要となる金額は異なります。夫婦の子供が幼い場合、残された片親が働きに出ることは難しいですし、これからの養育にかかる費用も多額となりますので、保険金の額が大きいに越したことはありません。一方、子供がそれなりに大きくなっていれば、親が働きに出ることも可能ですし、子供が成人するまでに必要な額は大きくありませんので、最低限の保険金があればよいと考えることも出来ます。
自身の家庭状況を確認して保険タイプを選択することが重要です。

定額タイプの特徴

2014/06/21

宇宙04

事故や病気で入院することになると、入院している期間は仕事をすることができなくなります。従来、病気や怪我の治療に関する費用を補うための保険は、頻繁に利用されてきました。しかし、最近では違うタイプの保険も登場しています。入院していなければ得られたはずの収入を補ってくれるタイプの収入保障保険と呼ばれるものです。収入を得られない状態というのは、心理的にも負担が大きいため、積極的に収入保障保険に加入しようとする人が増えているのです。

 

 

収入保障保険には、大きく分けて2つの種類があります。定額型のものと、逓増型のものです。定額型というのは、経過した年数にかかわらず、毎月受け取ることのできる金額が一定になっている契約類型です。そして、逓増型というのは、経過した年数に応じて、毎月受け取ることのできる金額が増えていくという契約類型です。定額型にするか、逓増型にするかは、それぞれの希望によって決めることで、どちらかが優れているというわけではありません。

 

 

定額タイプは、必要となる保障額をしっかりと計算することができる人にとっては、どのくらいの金額を受け取ることができるのか明確になるというメリットがあります。将来の計画を立てやすいわけです。

三大疾病収入保障保険

2014/06/21

日本における三大疾病をご存知でしょうか?日本人の病死の原因となっているのはがん、急性心筋梗塞、脳卒中です。この後に肺炎などが続きます。
収入保障保険は病気やケガで死亡や高度障害になったときに保険金が支払われるという定期保険の一つです。収入保障保険は生命保険会社だけではなく損害保険会社からも商品が提供されていますが、損害保険会社の収入保障保険は、突発的、偶発的な怪我などに限定されて病気による死亡や高度障害の場合は含まれていません。

 
多くの病気や高度障害対応の収入補償保険が定期保険なのは、あくまでも一家の大黒柱が死亡や高度障害になった場合に毎月保険金の給付があるというものです。生前給付の条件も保険会社によって違いますが、医師による余命宣告が出たときに保険の給付が開始されるというものです。

 
収入保障保険は定期保険なので、給付開始が早ければ早いほど受取総額が大きくなります。期間満了に近い場合は支払保証期間がある保険商品とない保険商品では受取総額が変わります。このタイプの保険のほとんどが生前給付、いわゆるリビングニーズに対応しており、一定期間の保険金を被保険者が生きている間に受け取ることが出来ます。現在は、収入保障保険だけではなく、多くの死亡保障保険が生前給付に対応しているので、保険金の受取方法が保険会社によって違うので確認してから給付申請を出すようにするといいでしょう。

宇宙03

がん収入保障保険

2014/06/21

現代の医学がいくら進歩したとはいえ、ガンの診断を受けてショックでない人はいないでしょう。それが、家族ある人であればなおさらです。自分のこともさることながら、単に入院費用だけでなく、収入も減ってしまう場合もあるでしょう。そこで、「がん収入保障保険」という商品が多くの保険会社から発売されています。

 
何か新しい保険のように感じますが、「収入保障保険」自体は20年近くの歴史を持っています。何らかの要因で収入が減った場合、それを補填してくれる、というものです。ですから、ガンに限った商品ではないのです。ガンに特化した新しい商品、と新商品を宣伝している保険会社もありますが、内容は収入保障と入院、手術、死亡保障などですから、従来の商品の組み合わせよりも優れていれば検討の対象になると思います。保障される収入も、当然ながら各社契約内容によって様々で、8万円から20万円です。

宇宙02
さて、収入保険に限らず、ガンの保険で一つ気をつけなければならないのが、「ガン」という名前で呼ばれても、適用外のものがある、ということです。同じ「ガン」と呼ばれても、その中で「上皮内新生物」は適用外になります。病理学的な区別だとは思いますが、素人からすれば難しい話ですね。

収入保障保険の種類

2014/06/05

現在では、さまざまなタイプの保険が登場しています。従来、保険というと、入院をした場合や、手術を受けた場合に支払うことになる医療費を軽減するためのものが中心となっていました。現在においても、たいていの保険は、医療費の負担を免れるために加入する人が多いです。

宇宙01

 

しかし、入院をしたり、手術を受けたりすると、その期間中は仕事をすることができなくなるため、収入が大きく減ってしまいます。現在の保険では、治療期間に減ってしまった収入を保障するものが多くなっているのです。一般的に、収入保障保険と呼ばれていて、さまざまなタイプのものがあります。どのような保障内容なのかを確認して、自分に合っているものに加入することが大切です。

 

 

たとえば、定額タイプ、逓減タイプという2つのタイプが中心となっています。定額タイプを選択するか、逓減タイプを選択するかは、それぞれのニーズによって異なるため、どちらが良いと明確に決まるものではありません。保険会社の担当者と相談しながら、適切な内容のものを選択するべきです。また、保険に加入する際は、標準体料率のような特殊な用語が登場します。正確な用語の定義を理解しておかないと、適切な保険に加入することが難しいです。