三大疾病収入保障保険

日本における三大疾病をご存知でしょうか?日本人の病死の原因となっているのはがん、急性心筋梗塞、脳卒中です。この後に肺炎などが続きます。
収入保障保険は病気やケガで死亡や高度障害になったときに保険金が支払われるという定期保険の一つです。収入保障保険は生命保険会社だけではなく損害保険会社からも商品が提供されていますが、損害保険会社の収入保障保険は、突発的、偶発的な怪我などに限定されて病気による死亡や高度障害の場合は含まれていません。

 
多くの病気や高度障害対応の収入補償保険が定期保険なのは、あくまでも一家の大黒柱が死亡や高度障害になった場合に毎月保険金の給付があるというものです。生前給付の条件も保険会社によって違いますが、医師による余命宣告が出たときに保険の給付が開始されるというものです。

 
収入保障保険は定期保険なので、給付開始が早ければ早いほど受取総額が大きくなります。期間満了に近い場合は支払保証期間がある保険商品とない保険商品では受取総額が変わります。このタイプの保険のほとんどが生前給付、いわゆるリビングニーズに対応しており、一定期間の保険金を被保険者が生きている間に受け取ることが出来ます。現在は、収入保障保険だけではなく、多くの死亡保障保険が生前給付に対応しているので、保険金の受取方法が保険会社によって違うので確認してから給付申請を出すようにするといいでしょう。

宇宙03

コメントは受け付けていません。