逓減タイプの特徴

逓減タイプの保険の特徴は、保障額が一定の保険と異なり、保険期間の経過とともに保障額が減少するところにあります。

雲01
保障額が減少していく仕組み上、保障額が一定の保険と比較して割安になっている点がメリットになります。

 
また、この保険はライフステージに合わせて活用することができる点が、商品のウリとなっています。
例えば、まず一家の大黒柱が健在の場合、保険料は掛け捨てとなります。この時は掛け捨てとなる保険料は少ないほうが良いですので、このタイプの保険であれば家計への負担が少なく日々の生活に余裕が生まれることになります。

 
逆に、一家の大黒柱に不幸があった場合は、保険金が遺族を支える重要な資金となりますが、ライフステージによって必要となる金額は異なります。夫婦の子供が幼い場合、残された片親が働きに出ることは難しいですし、これからの養育にかかる費用も多額となりますので、保険金の額が大きいに越したことはありません。一方、子供がそれなりに大きくなっていれば、親が働きに出ることも可能ですし、子供が成人するまでに必要な額は大きくありませんので、最低限の保険金があればよいと考えることも出来ます。
自身の家庭状況を確認して保険タイプを選択することが重要です。

コメントは受け付けていません。